4月 02

生理不順を治して妊娠出来た方法

旦那と結婚して一年近く経った頃、そろそろ子供が欲しいねと話していました。
旦那はそのうち出来たらいいねという程度で考えていたようですが、私は年齢的に焦っていました。
30代後半になるとどんどん妊娠しにくくなり、母体や胎児への影響も大きいとテレビやネット等で聞いていたからです。

妊娠サプリLABO
だから私は一度、不妊治療も行っている産婦人科を訪れました。
そこで私は先生からまず生理不順を治した方がいいと教えてもらいました。
生理不順には様々な原因があるそうで、私の場合やや肥満ぎみであることを指摘されました。
それから私は妊娠するためにダイエットを始めました。
食事は野菜中心の生活に変え、毎日の生活で少しでも体を動かす機会をつくりました。
エレベーターを使わず階段を上ったり、普段は車で行くようなところに歩いていったり。
そのようなことを続けていると自然に体型がスリムになっていきました。
そして今月は生理がまだ一回も来ていないなと思っていた矢先、妊娠していることが発覚。
痩せて健康的な体になった途端に赤ちゃんが出てたので、私の場合本当に太りすぎが良くなかったのかも知れません。
妊娠中は妊娠中毒症等心配なこともあるので、結果的にも事前に痩せておいて良かったです。

7月 23

一人でも多く赤ちゃんを授かりますように

私たち夫婦は、二年間不妊に悩みました。
一人目はなんの苦労もせず妊娠しました。

上の子の育児もおちつき二人目を考えていざ妊活を始めると中々妊娠しませんでした。
元々、生理不順もあったのですが一年間妊娠できなかったのでおかしいと思い病院へ行くと無排卵月経と診断されました。
まず、排卵をおこすために排卵誘発剤を使いました。
そして、正常の生理に戻しました。
主治医の先生に排卵誘発剤は、多胎児の可能性が高まると言われました。
私は了承し排卵誘発剤を使った妊活を始めました。
排卵誘発剤は多少の副作用もありました。
眠気、気持ち悪さが私はきつかったです。
妊活をはじめて一年後妊娠することが出来ました。
妊婦生活もなんの問題もなくすごせました。
そして女児を出産しました。

私たち夫婦は何度も妊活をやめよう。もう子供一人で十分と諦めかけた事もありました。
妊活はあきらめない事が一番だと思います。
私たちのように一年で妊娠出来たのは珍しいし恵まれていると思います。
また、私たちは主治医の先生の励ましがとても力になりました。
この先生だったら諦めていたかもしれません。
これからさき、私たちのように不妊で悩んでいる夫婦に一人でも多く赤ちゃんが授かりますように。

7月 22

妊活のために婦人科デビュー

30代で二人目がなかなか出来なくて妊活しています。

一人目もすぐに出来たわけではなく、結婚して2年半のそろそろ婦人科で検査した方がいいんじゃないか と悩んでいた時にやっと出来た子どもです。その子ももうすぐ4歳になります。2歳になった頃から二人目が欲しいなと考えるようになり、でもあまり気負い過 ぎでも上手くいかないんじゃないかと思ったりもして食生活を見直すところから始めました。インターネットで調べてルイボスティーが良いという記事を見たの で毎日飲んでみたり、身体を冷やさないようにと腹巻きをつけたり、マカや亜鉛、葉酸タブレットを飲んだりと色々しました。

そういう事を試しながらあっと言 う間に1年経ってしまい、これはマズいと思ってわざと計っていなかった基礎体温もつけはじめて、排卵日付近には子作りに励むという事を始めました。基礎体 温だけでは排卵日がはっきりと分からないので、排卵検査薬の使用も始めました。

排卵検査薬を買った当初はこれで出来るかもと期待していたんですがそう甘く はなく、あっという間に半年が過ぎました。ちょうどその頃から毎回生理前に不正出血をするようになり、だんだん不安が増してきて病気なのかもという気に なってきて、今までは勇気が出ず病院に行けなかったんですが思い切って婦人科を受診しました。

敢えて産科はない不妊治療専門のクリニックを選びました。こ こまでくると何でもっと早くに受診しなかったのかという気になりました。まだ検査の結果は出ていないのですが基礎体温を見て貰うと排卵してるときもあれば 無排卵の時もあったりしするのではないかということでした。

今までは家で自分で出来る妊活しかしてこなかったけど、これからは治療しつつ先生にタイミング を取って貰ってしばらく頑張って行こうと思います。

6月 18

私の妊活。生活習慣と食生活の見直し。

私は、23歳の時に結婚をしました。妊娠についての知識は薄く、結婚して夫婦生活を普通にしていればすぐに子供を授かることができると考えていました。

し かし1年、2年と月日が経っても妊娠には至らず、おかしいと思い婦人科を受診しました。一通りの検査をしてもらいましたが、私にも主人側にも妊娠できない 原因は無く、『原因不明』と診断されました。原因不明で悩んでいたところ生活習慣と食生活の見直しが妊活には大切という記事を目にしました。まずは主人も 私も喫煙者だったので、禁煙外来に通い半年でタバコを絶ち、禁煙に成功。それと同時に一日20分~30分のウォーキングで運動不足を解消しました。肥満も 不妊の原因になるという事でダイエットもし体重を減らしました。また、ジャンクフードや外食が主になっていた食生活の乱れも改善。毎日自炊をし、仕事の時 はコンビニ弁当ではなく自分で作ったお弁当を持っていきました。

妊娠は自分一人ではできないので主人にも協力をしてもらいました。このような生活を半年間 続けて結婚4年目に子供を授かることができました。生活習慣と食生活の見直しが良い方向に事を運んだんだと思っています。また、妊活をするにあたって最も 大切なのは、夫婦でお互い協力し合い『妊活』に取り組むことだと思います。二人で協力する事によって、楽しい事も時には辛い事も分かち合いながら前向きに 取り組めたのだと思います。

古い記事へ «